春先の話

本屋さんの料理コーナーを見ていると、気になるレシピ本がありました。

フランス発のケーキ、ガトー・インビジブルのレシピだけを集めた本。
ビジュアルがカッコイイ…と、思いつつ、中々試せずにいました。

今回、りんごを沢山頂いたので、作ってみることに(*´∀`*)♡


ガトー・インビジブル(Gâteaux Invisibles /  gateau invisible)とは
「インビジブル(=目に見えない)ケーキ」という意味。

少しの生地に、スライスしたフルーツをたっぷり入れて焼き、綺麗な層が
「萌え断(断面)」が話題になりました。

生地とフルーツが一体化して、生地が?境が?「見えない」様子からネーミングされたようです。


レーズンと栗…どちらか入れようと考えて、レーズンを入れることに!

レーズンはブランデー(ラム酒がなかったので…)に1日浸し、ふっくらさせました♡


○ りんご 2個弱(1個半+飾り分1/5個)
○ ホットケーキミックス 90g
○ 卵 2個 ○ 牛乳 60cc ○ 砂糖 20g
○ バター 50g ○ レーズン 適量
○ シナモン 少々 ○ 粉糖 少々

(※ 実際のレシピは小麦粉と砂糖なので、HMのベーキングパウダーは余計かも?)

  

りんごは皮をむき、スライサーで薄く切る


卵に砂糖、牛乳、HMを入れ混ぜ、溶かしバターを加え、よく混ぜる


薄くスライスしたりんごと生地を(りんごが割れないように)優しく合える


バターを塗った型にレーズンを入れ、生地を丁寧に重ね入れる

(※ 水分多めのケーキなので、型にクッキングペーパーを敷くべきでした…!)


中央にもレーズンを入れ、りんごと層を作る

表面に皮付きのりんごを飾りシナモンを振りかける


180度に余熱したオーブンで50分焼く

ぎゃーっ!溢れた~!!(笑)



粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす


しっかり冷やすと、生地は沈みました。

側面をナイフで滑らし、型を逆さにして振り取り出すと、底はレーズンが綺麗に見えました♡


表面に粉糖を振りかけて完成~♪


さて断面は…?


しっかりキレイな層になっています(*´∀`*)


しっとりしたりんごのスライスが何層にもなって、アップルパイとも違った食感です。

甘過ぎず、瑞々しいりんごを味わってるようなそんな美味しさ♡

リンゴ01

甘い物が好きではない旦那も、珍しいビジュアルのケーキにリアクションしてくれました。

ランキング参加中です♪ ぜひクリックお願いします♡ 

ランキン01