実家の庭の木の梅で梅酒と梅干しを作ります。

梅干しは母任せですが、梅酒は旦那さんも一緒に♡

今、飲んでいるのは2年前に仕込んだ梅酒です。

IMG_5610

下の写真、右上と左上の瓶の中の色が違うのが分かるでしょうか?

梅とホワイトリカーと氷砂糖の分量の違いです。

FullSizeRender

左下↑は梅シロップです。

炭酸水で割ると梅ソーダになりますし
梅酒の仕上がりが酸っぱい時は、甘味の調整に使ったりします。

右下は母のメモ書き

梅:1.2kg ホワイトリカー:1.8ℓ 氷砂糖:1kg

砂糖が多めで、Mはひと口呑んで「あまっ!」

次は氷砂糖は700g位に減らして作る予定です。


作った年代や、梅と砂糖と酒の比率の違うものを用意し、旦那さんと利き酒タイム(笑)

IMG_5580

右端の少し濁った梅酒が1番美味しかったそうです。

1番古い梅酒です。やはり古い方が味が良いのかな…?

真ん中は色で分かるように梅が多過ぎました(笑)

左端は「甘い」と言われた梅酒です。

梅酒01

材料に蜂蜜や黒糖を加えたりもしますが、氷砂糖で作るのが1番スッキリします。

残った梅は梅ジャムにしたり、そのまま冷蔵庫で冷やして食べたり。

IMG_5737

エキスが出切って…しおしおの小さい梅は、固くあまり美味しくありませんが
実が大きくふっくら柔らかな梅は、梅酒をしっかり吸いジューシーでとっても美味しいです。
(冷やすとデザートのよう♡)

取り出した梅の実は、冷蔵保存していますが、1~2年は余裕で持ちます。


[震災後] 
実家の庭の梅は、東北大震災後の数年間は取りませんでした。
その後、庭の除染を経て、役所で梅の実の放射線測定をしてもらい
安全と認定された上で、自家用の梅酒、梅干しを作っています。

震災関連記事
     ↓

ぜひクリックの応援をお願いします♪
  
ランキン01