真夏に冬の話ばかり、すみません…ε-(´∀`; )
それゆけ

思い出や失敗談などを綴った企画です。冬の話が続きすみません(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
(※ 2016.1.23  LINEBLOG投稿) 

~第11回~

先週は夫婦で温泉に行ってきました。作並温泉の一の坊(いちのぼう)さんへ♪ 
       
2016-01-17-22-54-21

誕生日にゆっくりと雪見風呂、乙なものでした(笑)

8a369333-s

以前、母に誕生日を忘れられるという話を書き(⇒「こたつ」

皆さんに「今年は覚えてますように…」というエール(?)を頂きまして 

結果。 
  0e85308d

朝の10時、電話でも手紙でもなく、ファックスが届きました!!  

毎年欠かさず「おめでとうメッセージ」をくれる旧友がいるのですが 
昔は「バースデーカード」だったのが、メールになり…今年はいよいよLINEに! 

なんとなく、時代の流れを感じてみたり(*゚v゚*)  


本日は私が自分の誕生日を苦手な理由を書こうと思います。 

※ 暗い話ですので、苦手な方はここから引き返して下さい~(>_<;) 





あれは29回目のマイバースディ。 

ガツガツ仕事を頑張っていた時代で、仕事とは別に色々抱え、心も体も疲れきっていました。 

パパ01
 
結婚前の旦那さん。 

当時私は携帯電話を持っておらず、家族とのやり取りは家電のみでした。
 
パパ02

余裕の無さからお正月に帰省もせず、年始には父と電話越しに喧嘩をしたままでした。 

パパ03

私は父の留守電メッセージを聞くこともなく、削除してしまいました。 

彼は何度も「いいの?」と確認しましたが、メッセージを聞くことさえ億劫で。 



それから1週間後でした。 



父が他界しました。 50代半ばの早すぎる死でした。 


自業自得ですが、後悔し続けています。

パパ04
 
毎年毎年…聞かなかった父のメッセージを旦那さんにたずねてしまいます。 

父は「お前ももうすぐ三十路だな」と、ちょっと茶化したように祝ってくれたそうです。 


ちゃんと父の声を聞いて「有難う」と、返したかった。。 

叶わない事が山積みです。

誕生日が来るたびに後悔が押し寄せます。


母からのファックスに… 
私はすぐ「ありがとう」の電話を入れました。ほんとうに、心から。 

 

余談 

パパ05

私の話を聞いてくれてるようで、手元ではしっかり競馬をやってる旦那さんです(笑)