先週、福島の高湯温泉『玉子湯』さん(老舗旅館)に
母と日帰り入浴(休憩込¥1500)してきました。

image

小さな温泉地帯ですが、高湯のお湯はブルーで大好きです。
湯花が大量で、硫黄の香りたちこめる温泉です。

image
他に誰も居なかったので、パシャリ♪

こんなに広いお風呂を2人きりで使えて、贅沢でした(* ̄▽ ̄*)



母も高湯温泉が好きで、今年頭は『安達屋』さんに宿泊しました。

安達屋さんの貸切露天風呂
image

お部屋
image

お料理も美味しかったです♪
image


ついでに、旦那さんと行った福島・飯坂温泉の共同浴場の記事を移動します♪ ↓

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
(※ 2016.1.7 LINEBLOG投稿) 

お正月に福島の飯坂温泉にある『鯖湖湯(さばこゆ)という共同浴場に行ってきました。
鯖湖湯

何でも、奥の細道の松尾芭蕉が入った湯だそうです。 


行ってみると、いきなり入り口でに分かれます。

「あれ?じゃ、出る時間合わせようね」

50分後に会う約束をして入口で旦那さんと別れました。 



ドアを開けると、券売機があり、男女の間にいる番台さんにその入浴券を渡すシステム。

入浴料 ¥200

券売機の横の靴箱に靴を入れてると、カポーン…と、やたら近くにお風呂の音がします。


中はどうなってるんだろ?と、そろそろドアを開けると

なんと、脱衣所と浴室が一体型(?)の初めて見るタイプの銭湯でした!
(明治時代の共同湯を再現した施設だそうです)
 
さばこゆ
 
シャワーもありません。

なので、湯船から桶でお湯を汲み、湯船周りで皆さん体を洗っています。
上がり湯はありますが、それで体を洗うのはNGとのこと。


体を洗い…入ってみると…

「熱っ!?」

湯口に設置された温度計を見ると『46度』を指しています。 
 
流石に熱くて、上がり湯部分にある蛇口から冷水を汲み、足にかけてから入浴しました。


しかし、地元の方らしいおばあちゃん達の会話を聞いていると、こんな声が…。 
 
「最近、ぬるいね」「そうなんだよ…」


えーーっ?!


早めに上がり外で涼んでいると、旦那さんも早めに上がってきました(笑) 

さばこゆ2
 
なんと男湯の湯温は「48度」だったそうです。

煮えちゃう!(笑)


でも、何とも情緒というか風情があり、とても楽しかったです(*´Д`*)また来たい♪


帰りには、空に虹が見え穏やかで気持ちの良い1日となりました。
 
虹
 (写真だとぼんやりして、虹見えませんね…

『うさ福~ゆる福島弁~』
スタンプ発売中♪ 
36
 ※タイトルクリックでストアへ~♪ 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

福島、温泉が多いです。

まだまだ行きたい所が沢山で…次は会津の方に行ってみたいと思ってます。