るるっぱ Oh! my sweet husband

夫との、のんびりした日常をイラストで綴っています(*゚v゚*)

カテゴリ: 体調

失敗しても、どうにか良い所を見つけようとします。3日間旅行中、1日1回ずつ転んでも…意地でも「良かったポイント」を探して自分を納得させたいのかもしれません。高いソールのサンダルを履いていたので、転びやすかったせいもあります。筋力不足も否めません。お目汚し ...

私の熱中症のサイン…子供の頃は鼻血が出たりしました。先ずは日傘(雨傘兼用)を持ち歩いて、しっかり対策していきたいです。Sui彩日記のSuiさんのこちらの記事で「塩飴」だけではなく「タブレット」があるのを知りました♪▼ 涼しげな癒しイラスト〜(♡ω♡) 「塩分チャージ ...

「緑内障」と診断を受けたM… 緑内障は眼圧が上がる事で起き、手術で視野が戻る事はなく、治療は点眼薬になるそうです。疲れ目がひどくなったせいか…▼ Mの老眼を笑ってましたが「DHA&EPA(2018.12)」私も…急激に始まってしまいました!老眼が!!ピント調整が上手く行かな ...

1年半ほど前、コンタクトを作る際の検診で旦那さんが「緑内障」の診断を受けました。まだ、点眼治療までは必要がないと言われ、現在は定期検査のみです。ネットで調べると早期発見&治療が大切と出てくるのが心配で、別の眼科にも行きましたが眼科さん同士のテリトリー(?)が ...

「粉瘤の手術 ①」「粉瘤の手術 ②」昨年10月整形外科にて、母は粉瘤の手術を受けました。局所麻酔で手術時間は30分程度。術後は背中の患部を水に付けない様、気を使い過ごしました。母自身は痛みがなく、背中で見えないし…気付いてもいなかったのでしっかり治療して貰えた ...

(つづき)整形外科で粉瘤(ふんりゅう)の処置をして貰った母でしたが…寝る時に邪魔そうだし、今は痛みがないとしても、後々痛むかも…と心配でした。※ 前回↑ピンセットで処置した先生と同じお医者さんこちらのクリニックの記事が詳しいです。 ↓↓↓(※ 写真有り!見たくな ...

のんびり夫婦の日常のふじさき理央さんが粉瘤(ふんりゅう)の話を書いていました。※ 詳しくはこちらで~↓「背中に3cmぐらいのおできが出来たら ⑫」理央さんは手術には至らず、抗生物質での治療になりましたが引越のタイミングでの痛み…と、大変そうでした。順調に治ったよ ...

(引き続き子供時代の話です)今はもう紫色の薬(ピオクタニン液?)なんて、顔に塗らないのかなぁ?☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆前回、メッセージを下さったゆりさんへ「特別学級」をネガティブな場所として発信する意図はありませんでした。編入を促された親子 ...

よく口呼吸で寝て、喉がカラカラで目が覚める事があります。それで鼻腔拡張テープ(鼻孔拡張テープ)を購入しました。えっ!貼れば、ノーズテープ(鼻腔拡張テープ)と絆創膏の「違い」に気付きそうですが…何故か母は分からなかったそうです。妹も、まさか母が寝室で鼻に絆創膏貼 ...

見ため的にはタコのようでした。(重いビジネスバッグを持って通勤するせい?)手のひらがかゆくなるのは金運アップの予兆というジンクスがあるそうです。数ヶ月(3ヶ月位?)かかって治りましたが…お金持ちになる気配はまだありません(笑)クリックして頂けますと嬉しいです♪  ...

↑このページのトップヘ