(つづき)

上手にバゲットを焼ける人も、いつも同じように焼くのは難しいそうです。

オーブン05

足りなかったポイントを改善すれば、次こそ上手くいく…と思いきや、後退!その繰り返し。

お目汚しですが…失敗作を公開&原因を探っていきます。

オーブン06


■ 1本ずつ焼くと、2本目を焼く時のオーブン温度が上がりきりません(170℃〜180℃)

2本目 

IMG_6097

クープも開かないし、火ぶくれ!

原因は生地上にクッキングシートを被せなかった事。
スチームが生地表面によく付く様に、敢えてシートを被せずにオーブンに入れましたが
クープが開く前に、表面が焼き固まる結果に。

オーブン付属の天板が2枚ある人は、1枚を生地の上段に差して焼いたりするそうです。

やはり何か被せて、上からの熱を遮る必要がある事を再認識しました。


2本同時に焼いてみる

オーブン07

やっぱり、レモン型のクープに憧れます!

バゲット作り方

210℃(オーブンメーター)で生地をオーブンにイン

折角、うちのオーブンにしては温度が上がった方なのに…入れる時に焦って大失敗↓

2本

焼き時間を長めにしたら、真っ黒…
天使の拍手も聞こえず…( ;∀;)

クープもぐにゃっと歪んでいます。過発酵?


過発酵にならないよう、生地分割時からオーブン予熱開始!

「霧吹き」の量が多過ぎて↓見た目が悪くなった1本目

オーブン02
(※ 同じ生地&成形)

生地表面が水分で濡れると、デンプンが糊化(こか)し、クラスト(皮)がパリッとなります。

…が、溶けた生地が膨らまず固まると、テカッカルメ焼きみたいに!
(クープ部分に直接水がかからない様に霧吹きしますが、この時は実験的に全体に掛けました)

オーブン03

2本目の方が2次発酵を長めにとったため、生地はふっくら膨んで大きめ

2本目の焼成温度は低め(170〜180℃)でしたが
予熱後90分運転していた為、ピザストーンが蓄熱されて良く焼けました。


気泡は1本目の方が大きい
焼成温度が1本目の方が高かったせいかな?(210℃)

オーブン04

生地の力が弱いせいで、クープが歪むのかもしれません。

もう…キーッ!ってなる(っ`ω´c)ギリィ

成形はしっかり張らせてるつもりだけど…1次発酵前の捏ねが足りないのか…?

(つづく)

▼ my楽天room♪
IMG_2617


クリックして頂けますと嬉しいです♪

 にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
ランキン01