るるっぱ Oh! my sweet husband

夫との、のんびりした日常をイラストで綴っています(*゚v゚*)

タグ:いちじく

(つづき)ファスティング(断食ダイエット)を始めようと思ったものの…また便秘症が酷くなっても困る!ファスティングやジュースクレンズは即効力はありますが、準備と忍耐、体力も必要なので今回は「炭水化物抜き」に変更しました。(去年の→「ファスティングダイエット」)今 ...
続きを読む

ファスティング(断食ダイエット)を始めようと思ったものの…また便秘症が酷くなっても困る!

ファスティングやジュースクレンズは即効力はありますが、準備と忍耐、体力も必要なので
今回は「炭水化物抜き」に変更しました。


ダイエット01

今回はいちじく、豆腐、昆布をメインに食べました。
結果は後半に~♪


ボリューミーな豆腐キムチチョリソー(๑'ڡ'๑)୨♡ 美味しかったです!

IMG_9390

じゃじゃ嫁日記NOBOさんちのレシピです♪

FullSizeRender

NOBOさんとお嫁さんが地元の方々との交流から、色んなメニューを作るのが楽しいです♪

 ↓こちらもぜひ作ってみたい!!


さて、今回「低炭水化物」と言いつつ、糖質が多めでした。

というのも無花果(いちじく)の甘露煮を沢山貰ったので…(実家の庭のイチジク)

IMG_9379

いちじく(フィグ)は不老不死の果物と言われる果実です。

ぷちぷち食感が好き♡ 子供の頃から庭にあり、夏に実がなるのが楽しみでした。

いちじく01

いちじくは水溶性、不溶性どちらの植物繊維もバランスよく含まれています♪
ペクチンが特に豊富で、内環境を改善する効果があります。
(※ 「水溶性食物繊維」の効果ついてまとめています→「イヌリンと食物繊維」)

このペクチンには血糖値やコレステロール値の上昇を抑制する働きもあり
コレステロール値の高い私にぴったり!

 フィシンという酵素が消化促進し、整腸作用もあります。
(熟していない実を食べると、胃痛が起きる事もあるとか?)

他に、カリウムがむくみを解消、カルシウムや鉄分も豊富。

ポリフェノールの1種のアントシアニンザクロエラグ酸がメラニンを抑え
アンチエイジングや美肌効果も期待できます♪

植物性エストロゲンという女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用が、ホルモンバランスを整えて
女性には嬉しい成分が沢山です。


便秘症の私には嬉しい効果がありましたが、食べ過ぎるとお腹を下す人もいるのでご注意を!

さて、ゆるゆる炭水化物抜きの結果↓↓↓

ダイエット02

8~9月のリバウンド笑って下さい(笑)

炭水化物抜きで4日で体重1kg減…空腹感もなく食べた割りに順調な方でしょうか(*´・ω・`)=3

…がその後、新米を頂き…炭水化物抜きは崩壊しました。秋は誘惑が多い…!


クリックして頂けますと嬉しいです♪

相変わらず、便秘症です。《注意!》汚い話題ですみません…!ご興味ない方はUターンでお願いします!過去に「玉ねぎヨーグルト」で腸活にも励みました。 →「腸活結果と便秘薬」優しいとはいえ、タケダ漢方便秘も「刺激性下剤」なので減らしたいなぁ…と。酸化マグネシウム ...
続きを読む
相変わらず、便秘症です。
《注意!》汚い話題ですみません…!ご興味ない方はUターンでお願いします!



過去に「玉ねぎヨーグルト」で腸活にも励みました。

べんぴ01

優しいとはいえ、タケダ漢方便秘も「刺激性下剤」なので減らしたいなぁ…と。

べんぴ02
べんぴ03

酸化マグネシウムの錠剤は大きい!

べんぴ04べんぴ05

《注意!》あくまで私の場合ですので、試す時は少量ずつお試しください!

4日目気分が悪くなり、耐えきれずコーラックⅡを服用し、5日目にやっとお通じが。。


酸化マグネシウムはお腹が張り、どうも私には合いませんでした。

7錠を試してみると、一応効果はあったものの…お腹下しました。

何より7錠は多いです…

べんぴ06
べんぴ07

コーラックハーブはダイエットを始め、全く効かなくなったのが食事量増加で効果が復活しました。

FullSizeRender

※ 生薬由来成分(センノシド、天草エキス末)配合


酸化マグネシウム5錠も試すと、効果あり!

やはり「食事量の少なさ」が私の便秘の1番の原因だと思いました。

食事量を減らしても快腸なら良いのに…
便秘が解消しても太ったら意味がない(デブ活中しっかり増量…)バランスが難しいです。


食品も効果があると聞くと、飛びついています。
キムチや納豆の発酵食品も効果なし
話題の「キウイ+オリーブオイル」もうんともすんとも…

そんな中…いちじくの甘露煮はびっくり効果が!
4日間食べ続けたら、便秘薬なしでもお通じ効果がありました。
(※ いちじくは食べ過ぎると下痢になる人もいるそうです)

今度、いちじく記事を詳しく書きます~♪


「ビオフェルミンS +青汁を取っていた時は少し調子が良かったので
また乳酸菌で腸内環境を整えつつ(整腸) 食物繊維を摂っていきたいです。

ぜひクリックの応援をお願いします♪