るるっぱ Oh! my sweet husband

夫との、のんびりした日常をイラストで綴っています(*゚v゚*)

タグ:グラインダー

ついにコーヒーグラインダーが我が家に♡調べると、購入時よりお安くなってる〜!お買い物あるあるですね…Ҩ(´-ω-`)旦那さんがデロンギのデディカを気にいったポイント♪1番の理由は、家のエスプレッソマシンがデロンギなのでメーカーを揃えた方が収まり良く感じた様です ...
続きを読む
ついにコーヒーグラインダーが我が家に♡

調べると、購入時よりお安くなってる〜!
お買い物あるあるですね…Ҩ(´-ω-`)

旦那さんがデロンギのデディカを気にいったポイント♪

グラインダー

1番の理由は、家のエスプレッソマシンがデロンギなので
メーカーを揃えた方が収まり良く感じた様です。

IMG_8287

置く場所を模索中です(^-^;

これがコニカルカッター…!

IMG_8281

1〜6 ESPRESSO (極細挽き)
7〜12 DRIP・POUR OVER (中挽き)
13〜18 FRENCH PRESS (粗挽き)
と設定表記があります。

豆01

18段階の挽き方の中から、先ずはペーパードリップに最適な粒度を探りました。

IMG_8363

こんな感じで、かなり粗くも挽けます。

豆02
豆03

ドリッパーや豆の焙煎度等で違うと思いますが、うちは今は「9〜10」に設定することに♪

豆04

ペーパーフィルターを敷いて対策

IMG_8428

コンテナはたっぷり容量120gです。

クリックして↓頂けますと嬉しいです♪

お知らせです(♡´▽`♡)Sui彩日記のSuiさんの大人気『マトリョママ』シリーズ最新作になんと!見覚えのある(笑)マトリョーシカちゃん達がママ友憩いの場『ペチカ』に登場しています。「No.32 ママ友の輪」私はスタンプキャラ『パセリさん』のカラーリングで、可愛いらしいマ ...
続きを読む
お知らせです(♡´▽`♡)

大人気『マトリョママ』シリーズ最新作に


なんと!見覚えのある(笑)マトリョーシカちゃん達が
ママ友憩いの場『ペチカ』登場しています。

No.32 ママ友の輪
FullSizeRender

私はスタンプキャラ『パセリさん』のカラーリングで、可愛いらしいマトリョキャラに大変身!

タメになって、クスッとして、摩訶不思議なマトリョママワールドをぜひぜひご覧下さい♡

マトリョママの世界に入れて光栄でした。
Suiさん、有難うございます。


さて、昨日のつづきです。


商品それぞれに良さがあり、ある程度は絞ったものの決めかねていました。

検討01検討02
検討03

調べると、全自動ドリップマシンの方がミル付きなのに価格が安い事に行き当たりました。

ミルが2万前後なのに、全自動ドリップマシンは1.7万ほど(サーバーの種類にも寄ります)

検討04
検討05

メーカーさんに問い合わせると『挽いた豆』を取り出す事も出来なくはない…
「ハンドドリップがしたければ、豆を挽いた後に自動ドリップをしなければいいのでは?」と
Mが言い出しました。

え〜〜???

それでは、当初の「ミルを買う」という状況が違ってしまう…


最終的に、Mが選んだのは


こちら!!



デロンギ『DEDICA(デディカ)』

IMG_8279

後ろがごちゃごちゃしていて、すみません…

検討06

1番の決め手は高級感のある見た目の様でした。
私が選ぶならナイスカットG(オフホワイト)だったでしょうか(アンティークで可愛い)

また次回、他に購入ポイントとなった部分をご紹介したいと思います♪ 



クリックして↓頂けますと嬉しいです♪

全自動エスプレッソマシンが、ボタン1つで豆を挽き、コーヒーを抽出してくれるので今までグラインダーの必要性を感じませんでした。▼ 手動ミルは少し手間が… コーヒーは「淹れ方(抽出方法)」によって、豆の「挽き方」が変わります。そのため、粒度が揃うことが大事です。家 ...
続きを読む
全自動エスプレッソマシンが、ボタン1つで豆を挽き、コーヒーを抽出してくれるので
今までグラインダーの必要性を感じませんでした。

グラインダー01

▼ 手動ミルは少し手間が…

コーヒーは「淹れ方(抽出方法)」によって、豆の「挽き方」が変わります。
そのため、粒度が揃うことが大事です。

グラインダー02

家庭用グラインダーの種類を調べてみました。

グラインダー04

「プロペラ式」はミキサーの様な刃で豆を粉砕
「臼式」は上下の刃ですり潰す/手動ミルは「臼式」
「カット式」「コーン式」は豆を切り刻む
(※ 間違いがありましたらご容赦下さい!)

それぞれ、メリット・デメリットもあります。

グラインダー05
グラインダー03

プロペラ式はサイズが小さく価格もお手頃
カット式やコーン式は挽き方が本格的な分、お値段も上がります。

デロンギのチラシに「方式」の図解イラストがありました↓わかりやすいです。

グラインダー07

最終的にはデザインですね♪

グラインダー06

Mが選んだのは…(つづく)
※ 既に購入済です♪

【コーヒーうんちく話】

▼ コーヒー豆の産地(コーヒーベルト)
▼ コーヒーロースト(焙煎)
▼ KALDIのイラストはエチオピアのヤギ使いの少年
▼ コーヒーマシンとコーヒーメニュー
▼ エスプレッソの淹れ方
↑手動時代

クリックして↓頂けますと嬉しいです♪