るるっぱ Oh! my sweet husband

夫との、のんびりした日常をイラストで綴っています(*゚v゚*)

タグ:コーヒー道具

コーヒーを淹れる道具の紹介です♪(※ 何がおすすめとか、そういう話ではありません)道具はシンプルですが、バリスタさんやプロの方は慣れた所作がカッコイイですね♪Mは壊れたコーヒーメーカー(笑)で、せっせと淹れ方の練習を重ね… 9月にグラインダーを購入、10月遂にHARIO ...
続きを読む
コーヒーを淹れる道具の紹介です♪
(※ 何がおすすめとか、そういう話ではありません)

カフェ03

道具はシンプルですが、バリスタさんやプロの方は慣れた所作がカッコイイですね♪

Mは壊れたコーヒーメーカー(笑)で、せっせと淹れ方の練習を重ね…


9月にグラインダーを購入、10月遂にHARIO(ハリオ)ドリッパーとサーバーを手に入れました!

V60セラミック(陶器)コーヒードリッパー
V60レンジサーバー

IMG_9472

熱伝導の良い「(プラスチック製)V60 透過ドリッパー」も次いで購入♪

IMG_9332

カフェやコーヒーフェスでは「ハリオ V60透過ドリッパー」がダントツに使われています。

多くのプロが使うドリッパーはきっと魅力があるんだろう!というのが、選択の決め手でした。

Kalita(カリタ) ウェーブドリッパーも購入。

IMG_9407

ドリッパーの形状や構造によって、お湯の留まり方や流れ方の速度が変わり
コーヒーの抽出に「違い」が生まれます。

〇 形状 (台形型、円錐型、ドーナツ型) 
〇 穴の形と数 (ハリオは大きい一つ穴、カリタは小さい三つ穴、メリタは小さい一つ穴)
〇 リブ (ドリッパーの側面の溝)の構造
(ストレート、スパイラル、ダイヤ構造、下半分だけ…等、メーカーにより様々)

IMG_9473

(ハリオV60↑は円錐型、一つ穴、スパイラルリブ)

それぞれに専用フィルターがあります。

IMG_9464

「で、どれがいいの?」と思われるかもしれませんが、結局は好みでしょうか…?

台形はコーヒーがドリッパーに溜まるので、どっしりしたコクのある味わいに
円錐や大きめの穴はスーッと落ちるので、すっきりして、香りが強く出ると言われます。


コーヒー粉にお湯を注ぐのは細口が良く、ドリップ専用ケトルがあります。

↓ショップで陳列されていたドリップポット
銅製、ホーロー、ステンレス製など様々です♡

IMG_8519

うちではお手頃なカインズホームのドリップケトルを使っていました。
先月ドリップカップ(ニトリ)も仲間入り♪

IMG_9480
IMG_9475

ドリップカップはミルクピッチャーサイズで、ケトルより軽く扱いやすいです。


家の3つあるサーバーの中で、Mは目盛り付きビーカータイプ(右)をよく使っています。

IMG_9471

コーヒーセミナーを色々受け、使うドリッパーや淹れ方、理論はカフェにより様々でしたが
共通していたのは「ドリップスケール」を使う事でした。

※ ドリップスケール…時間と重量を同時に計測できる計り(防水)

カフェ02

ちなみに、シャンプーのCMで櫻井翔さんがコーヒーを淹れるシーンで使っているのは
オシャレなChemex(ケメックス)のコーヒーメーカーと、ハリオのドリップケトル・ヴォーノ

IMG_0071

エッセンシャル flatのCM「雨の日は妻の心も雨模様だ」…分かる!


IMG_0011

ハンドドリップ用とは別に、最近買ったのはエアロプレスとハリオの耐熱マグ

FullSizeRender

エアロプレスも専用のフィルター(右上)が必要ですが、淹れ方は覚えれば楽そう♫

ガラス製のマグはコーヒーの褐色が側面から確認しやすいです。

IMG_9178

ますます、増える我が家のコーヒーグッズ
置く場所が目下の悩みです(笑)