るるっぱ Oh! my sweet husband

夫との、のんびりした日常をイラストで綴っています(*゚v゚*)

タグ:祖母

福島県沖地震後↓お墓を見に行った続きです。 安堵したのも束の間、異変に気付きました。敷地内の墓石横の墓誌が少し右に沈んで…?父の隣は母の特等席…?墓誌に刻まれた享年を改めて見る機会になりました。(つづく)▼ 戦後、満州国から引き上げてきた一家▼ 一緒に住んでい ...
続きを読む
福島県沖地震後↓お墓を見に行った続きです。


安堵したのも束の間、異変に気付きました。
敷地内の墓石横の墓誌が少し右に沈んで…?

お墓04
お墓05

父の隣は母の特等席…?

お墓06

墓誌に刻まれた享年を改めて見る機会になりました。

(つづく)


▼ 戦後、満州国から引き上げてきた一家



▼ 一緒に住んでいたおばあちゃんは後妻さん

▼ my楽天room♪
IMG_2617


クリックして頂けますと嬉しいです♪

 にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
ランキン01  

福島競馬場近くに赤十字病院があります。30代での初産は今では普通ですが、当時は遅い方だったのでしょう。。母的にはなんとも居心地悪かったみたいです(笑)【追記】※ 「高齢出産」は1991年から「初産で35歳以上の出産」に引き上げられたそうです。Suiさん、情報有難うご ...
続きを読む
福島競馬場近くに赤十字病院があります。

病院01
病院02
病院03
病院04

30代での初産は今では普通ですが、当時は遅い方だったのでしょう。。

母的にはなんとも居心地悪かったみたいです(笑)

【追記】※ 「高齢出産」は1991年から「初産で35歳以上の出産」に引き上げられたそうです。

Suiさん、情報有難うございますm(*_ _)m


その他のおばあちゃん話♪

クリックして↓頂けますと嬉しいです♪

今年もあと2週間ですね!! いい加減、記事ストックが溜まりまくってるので… せめて、今年旅行に行った分は12月中に描いてしまおうと思います! 旅行記事…つい後回しにしがちです。 (テキストは忘れる前にタイムリーに書いてますが、イラストが追い付 ...
続きを読む
今年もあと2週間ですね!!

いい加減、記事ストックが溜まりまくってるので…

せめて、今年旅行に行った分は12月中に描いてしまおうと思います!

旅行記事…つい後回しにしがちです。
(テキストは忘れる前にタイムリーに書いてますが、イラストが追い付かず…)


初夏(7月)

大谷町(栃木県宇都宮市)

大谷石(おおやいし)の採掘場跡です。


地面から壁(?)から大谷石で出来ているのは圧巻でした♪


私の実家の塀も大谷石を使っているので、何となく感慨深い。


宇都宮といえば餃子♡(・¬・)ジュル



宇都宮の餃子は安い!そしてうまい!

中華街の皮の厚いもっちり水餃子が好きですが
宇都宮の、お湯の入った丼の中に酢と醤油と辣油を入れて食べる水餃子も面白いです。



シンプルだけど味わい深い…何個でも食べたくなる味です♡


実は、私の父は満州国生まれです。(祖父の仕事関係で)

赤ん坊の父は家族に抱かれ、一家全員命からがら日本に引き上げてきたそうです。
戦後のストレスからか…祖母は若くして(享年32歳)亡くなりました。

(父の兄姉の話は↓こちら)

満州で食べた水餃子を祖父→祖母(後妻さん)→母と受け継いできましたが

宇都宮の水餃子っぽい、お湯に入った水餃子だったので懐かしい♪

餃子01

実家の餃子レシピは大量のニラと葱と豚肉と生姜オンリー
餃子に白菜やキャベツが入るなんて、大人になって知りました(笑)


あと、父はよくシャオピンを作ってくれました。

小麦粉を水で溶いたもの(時々卵入り)を丸く焼き、それに薄く味噌を塗って
細長く切ったネギを巻いて食べる♪

味噌味のクレープみたいな食べ物でした。

餃子02

北京の屋台などで売っている本場のシャオピン(焼餅)は
刻んだネギを生地に包み込んで、その生地を棒状に伸ばし、丸く成形して焼き揚げるようです。

ちょっと本物とは違うかもしれませんが、シャオピンと水餃子は私の懐かしい思い出の味です。

ランキング参加中です♪ ぜひクリックお願いします♡ 
 
ランキン01  

↓↓ 登録して貰えると嬉しいです ↓↓母と夫と私の冬休み⓪母と夫と私の冬休み①母と夫と私の冬休み②母と夫と私の冬休み③母と夫と私の冬休み④ 母と夫と私の冬休み⑤ 母と夫と私の冬休み⑥ あけまして(ようや ...
続きを読む

あけまして(ようやく)

おせちを3人で囲みました٩(^‿^)۶

あけまして01

さて前の晩、何の仕込みをしていたかというとーー

あけまして03

ローストチキンです!


Xmasシーズンに、母が丸鶏を見つけ買っていました。

私の幼少期、いつもXmasは祖母が丸鶏を注文していたそうで(←覚えてない)

それを思い出して「食べさせたかった」との事。

あけまして05

祖母はXmasは絶対ワインを用意したり、当時にしてはハイカラな人でした。


オーブンの使い方を知らない母に代わり、丸鶏の調理は私がする事に。

鶏の形そのままをよく洗い…
鶏のお腹に手を入れ、ハーブやなんかを詰めこみ … 

うわぁあん…( ;∀;)

あけまして04

安いお肉なので、一晩ブライン液に漬けこみました。

(前にも登場したブライン液!→「サーモンマリネ」

       
1時間程じっくり焼き上げ、ローストチキンの完成♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★

あけまして02

↑ 絵面がひどくてすみませんε-(´∀`; ) 
盛り付けセンスがない… 

例の「いか人参」も登場です!
           
あけまして06

柔らかく仕上がり、母も「美味しい」と食べてくれました。

良かった...と、思ったのも束の間…

あけまして07

ひと切れしか食べてくれませんでした。

おいぃー!(OvO)

お節にお雑煮に…と、沢山食べるモノがあったので仕方ありませんが

旦那さんはトリ肉があまり得意ではなく
結局、ほぼ私1人で食べました。(数日に分けてですが) 

おせちも、2人は元旦しか食べてくれなかった…し…


もうこれ、デブ活だよぉ~.°(ಗдಗ。)°.


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

昨日の記事を沢山、読んで頂き有難うございますm(_ _)m そこで…福島の実家の話も、少ししたいと思います。 ーーあの日、母と妹は福島駅近くの駐車場で地震に遭いました。 コンクリートのしっかりした駐車場で、2人とも無事でした。 そ ...
続きを読む
昨日の記事を沢山、読んで頂き有難うございますm(_ _)m

そこで…福島の実家の話も、少ししたいと思います。


ーーあの日、母と妹は福島駅近くの駐車場で地震に遭いました。

コンクリートのしっかりした駐車場で、2人とも無事でした。

その頃、家の付近では、母が家から出てこない事をご近所さん達が心配して下さったそうです。


家に向かう間の車中(通行止めで、5~6時間かかった)

妹はずっとパニック状態だったそうです。

地震01

古い家屋ですが、塀が崩
れただけで、跡的に他は何ともありませんでした。

私が完全にダメだと思った、お墓も無事でした。

地震02

母は祖母の教えを守り、毎日、お湯は張ったままにしています。
お風呂を新しくする際に、抜きます。

その貯水のおかげで、水道再開までトイレの水も間に合いました。

地震03

水汲みが必要だったら、寒い日々だったので…かなりこたえたでしょう。。


お隣さんが洗ったお米を持ってきてくれたり、知り合いが井戸の水を汲んでくれたり…

地震04

 ↑ なんて親切なんでしょう…( இ﹏இ )

皆さんの優しさで、乗り切った震災でした。

他の福島記事も宜しければ…♪→「ふきのとう」

↓↓ 更新通知が届きます ↓↓


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

(続きです) 小学校低学年だったと思います。 触ったこともないような、立派なお人形を伯母に貰いました。 自分の名前をもじり「るる子ちゃん」と呼び、妺の様に大切に扱っていました。 ーーある日、妹とるる子ちゃんとお医 ...
続きを読む
(続きです)

小学校低学年だったと思います。

触ったこともないような、立派なお人形を伯母に貰いました。

るる子04

自分の名前をもじり「るる子ちゃん」と呼び、妺の様に大切に扱っていました。


ーーある日、妹とるる子ちゃんとお医者さんごっこをしていた時のこと。

るる子05

リアリティを追求するあまり(?) ペンを取り出すと…

…嫌な予感しかしません…〣( ºΔº )〣

幼き私は、嬉々としてーー

るる子06

るる子ちゃんの顔に点々と発疹を描き込んだのです…


すぐさま血相を変えて、おばあちゃんが飛んで来ました!! 

るる子07

うちには血の繋がらない祖母がいました(→「おばあちゃん」 )

近所でも、恐くて有名なおばあちゃんでした(笑)

るる子08

ひどく叱られ…私は必死にるる子ちゃんの顔を拭きました。

布でこすると、醜く汚れたるる子ちゃんが、じっとコチラを見つめ返してきます。

るる子09

そこで、私はしでかした事を理解しました。

ぬぐっても、ぬぐっても、油性ペンだったのか落ちず…

その絶望感たるや! 


るる子ちゃんの顔にはシミがしっかり残りました。

罪悪感からか、るる子ちゃんと遊ぶ機会は少なくなったと思います。


そしてずっと、おばあちゃんの言葉が呪いのようにつきまとったのでした。

(おわり)

思い出話や失敗談などを綴った企画です。 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ (※ 2015.6.20 LINEBLOG投稿)  ~第3回~ るるっぱが子供時代、家にはおばあちゃんがいました。  祖母は実は後妻さんで、父と血縁関係はありませんでし ...
続きを読む
それゆけ

思い出話や失敗談などを綴った企画です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
(※ 2015.6.20 LINEBLOG投稿) 

~第3回~

るるっぱが子供時代、家にはおばあちゃんがいました。 


祖母は実は後妻さんで、父と血縁関係はありませんでした。 


小学3年生くらいだったか… 

遊びにきていた、伯母さん(父の姉)に 

おばあちゃん05
 
いきなり言われて、びっくりしました。 

でも…血がつながってなくても 、うちのおばあちゃんに変わりありません。 

おばあちゃん04

父は4人兄弟の末っ子でした。 

おばあちゃん03
 
まだ父が赤ん坊の時に実母が他界し… 

物心ついてからの継母に、伯父さんは慣れず
「面倒はみない!」と、宣言していたそうです。 

その伯父さんの借金のせいで、実家は手放すことになり
母の花嫁道具は取られたり…散々だったらしいのですが。 


父と母が結婚した頃、祖父も他界ーー 


新婚夫婦と祖母の同居が始まりました。 


そして 


最期まで母が、家で祖母の面倒を見ました。 

父は亭主関白だったので、母は仕事に家事に介護に…と忙しく
殆ど子供の頃、母と会話をした記憶がありません。


祖母は家でもお着物なキリッとした人でしたが
晩年はずっと寝たきりで…。


父の名は忘れても、孫の私の名前は忘れなかった。 

どちらかというとコワイおばあちゃん(近所の子達にも怖がられてた…)でしたが 
私は可愛がられてたんだなぁ、と。 


ある日、祖母の部屋に妹が居ました。 

妹のことも、姉(私)の名前で呼ぶ祖母に健気に声をかけていました。 

おばあちゃん06
 
縁起でもないこと言って!と、少し腹立たしくもあり…
「何言ってるの?!」と、私は軽く妹を茶化しました。 

妹みたいにどうして素直に伝えられなかったのでしょう? 
すぐに後悔することになります。 


ーー翌日、学校帰り 

家の通りの角で、言いようのない不安が… 

おばあちゃん01
 
祖母の死を私は悟りました。 

おばあちゃん02
 
心臓バクバクしながら家につくと…もう安らかな顔で。 

今でも不思議です。
 
虫の知らせ? 第六感?? 


なので、うちのお墓には2人のおばあちゃんが眠っています。 
おばあちゃん、どうか2人仲良くしてますように…(笑) 


元気だった頃の祖母は、ご近所さんとお茶をすると 
母の居ない所で、いつも母を褒めていて 

ご近所さんは「あんなお姑さんになりたいわ」と、思ったそうです。 


きっと、おばあちゃんは心から母に感謝してたんだと思います(●´ω`●) 
 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【うさ福~ゆる福島弁~】LINEスタンプ発売中です♪
30
【PR】※ 画像クリックでスタンプストアに飛びます。